スポンサードリンク

40代から女性も注意!生活習慣病はサイレントキラー 早期発見で合併症を予防サイトトップ >生活習慣病 | 糖尿病 >> あなたはどっち?糖尿病のタイプ

糖尿病には大きく分けて2種類あります。

大きく違いますのでご自身がどちらのタイプの
糖尿病か理解しておく必要があります。

1型糖尿病
比較的若い人に多いのがこのタイプです。

血糖値を調節するインスリンを分泌する
膵臓のランゲルハンス島にあるベータ細胞
というところがつぶれてしまい、インスリンが
出なくなった状態がこの1型糖尿病です。

インスリンを注射しないと生きていけない
かなり重症な糖尿病です。

このタイプの糖尿病は免疫機能が自分の
細胞を攻撃して破壊してしまうために発症
します。

2型糖尿病
ほとんどの方がなる糖尿病です。

一般的に糖尿病といえばこちらになります。

インスリンは分泌しているのですが、その
分泌量が不十分であったり、効きが悪いこと
が原因で起こります。

この状態をインスリン抵抗性と言います。

このインスリンの効きが悪くなる原因に
肥満や運動不足やストレスがあります。

この糖尿病は中年以降に発症すること
が多いので2型糖尿病はと呼びます。

最近では小さい子供ですら肥満や運動不足
が増えているので、子供の2型糖尿病が増えて
きています。

ちなみに子供の肥満は遺伝ではなく親のせい
ですよ。



スポンサードリンク

superbadjb at 22:27│Comments(0)TrackBack(0)clip!生活習慣病 | 糖尿病

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔