スポンサードリンク

40代から女性も注意!生活習慣病はサイレントキラー 早期発見で合併症を予防サイトトップ >ヘモグロビンA1c | 糖尿病 >> 糖尿病の足のしびれはヘモグロビンA1cが関係する
糖尿病の足のしびれはヘモグロビンA1cが関係する

糖尿病の合併症のサインでもある足のしびれや足の
痛みは進行すると徐々に悪くなります。

この糖尿病の進行度合いを図る目安にヘモグロビンA1c
という値があります。

このヘモグロビンA1cは赤血球のなかのヘモグロビンとブドウ糖
の結合の比率をしめすものです。

ヘモグロビンA1cは血糖値とともに重要な項目で、過去2か月
の血糖値のレベルが分かるのです。

血糖値は一時的な状態しかわからない上食事や運動などで
変化してしまいます。

しかしヘモグロビンA1cは短期的な変動はなく、この数値で
糖尿病の進行具合をつかむことができます。

ヘモグロビンA1cが高いほど足のしびれや痛み、こむら返り
などの異常が多いとも言われています。

つまり糖尿病の合併症を避けるには安定したヘモグロビンA1c
を保つ必要があります。

糖尿病の検査には血糖値だけでなくこのヘモグロビンA1cも
注意しましょう。


スポンサードリンク

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔