スポンサードリンク

40代から女性も注意!生活習慣病はサイレントキラー 早期発見で合併症を予防サイトトップ >ヘモグロビンA1c | 糖尿病 >> ヘモグロビンA1c検査で何がわかる?

ヘモグロビンA1c検査で何がわかる?

過去2〜3カ月の血糖の平均が分かるヘモグロビンA1cですが、
このヘモグロビンA1cの検査で具体的になにがわかるのでしょうか?

・糖尿病の代謝コントロールの傾向がわかります。

インスリン注射や飲み薬などの糖尿病治療の効果を評価できます。

糖尿病合併症の危険度をあらかじめ予測できます。

これらのことがヘモグロビンA1c検査でわかります。

ヘモグロビンA1cの数値が低ければ低いほど糖尿病合併症の
危険性が少なくなります。

ヘモグロビンA1cの数値が低いと糖尿病合併症である
目の病気が70%低下
腎臓病が50%低下
インポテンツなどの神経病が60%低下
心疾患が30%低下
といわれています。

このことからヘモグロビンA1cの数値をさげることは糖尿病合併症予防に
非常に重要です。





スポンサードリンク

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔